ようこそ

 多くの人が、足に合う靴を探しています。しかし、実際にはなかなか見つけることができません。

 

 個人の足に合わせて作る注文靴の現場では、足の計測を行っても、その数値の処理は感覚的に行われ、正確な靴型、靴作りを実現することは難しい状況にあります。

 

 「かがみ式製靴技術」は、長年の研究の末、従来感覚的であったものを数値化し、靴の設計技術をソフト化しパソコン処理することで、スピーディーで正確な靴作りを可能にしました。

 

 かがみ式では、「かがみ式製靴技術」の優れた特性を社会に広め、これからの日本を担う製靴技術者の育成と、一般への普及を目指しています。

 

 今後は、かがみ式製靴技術の公開を積極的に行い、法人・個人に関わらず、ご興味のある方には開発ソフトの提供・協力をしていきたいと考えています。

 

 お試しになりたい方は、ぜひご連絡ください。

 お待ちしています。

■各務房男の所感、雑文、論文掲載

 

 「かがみ式製靴技術」を確立した各務房男が執筆した所感や雑文、論文(400字詰め原稿用紙1500枚×25冊)の中から、一般に分かり易いと思われるものを編集スタッフが抜粋し、各務房男の許可を得て、要約、加筆修正したものを順次掲載していきます。

 

 その他、元の文章や、研究内容、開発ソフトなど、お問い合わせいただければお見せすることができますので、お気軽にお問い合わせください。

 

所感、雑文、論文一覧

かがみ式とは 

News

■部品「先芯についての考察 」2016/01/14追加しました。

 

■2016/01/07記事追加しました。

・所感、雑文「製靴技術は、靴有史以来の感覚的靴技術から発展していない