面積DS計算ソフト体験リポート

2013.11月

 

 革などの靴に関わる材料の多くは、主に面積によって価格が決められています。その基準となる単位はDS(デシ)と呼ばれ、10cm×10cmの正方形の面積を1DS{デシ}としています。                             

 

 革の裏に表記されているDS表示は、

 どのくらい正確なのかを確かめるとともに、

 ソフトを実際体験してみます。

 測定する革の表記は22DSでした。

 

1. 革を全面広げられる大きさの板に、両面テープで固定する。 

 

2. ランドマークを中央縦方向に二か所つける。 

 それに対し垂直に中央横方向にも二か所つけ、シールの中央に細マジックで印をつける。

 縦横のランドマーク間の長さを測る。

 

 精度をみるため革中央に120mm×120mm(1.44DS)の正方形ランドマークもしるした。

 

3. 写真を撮る。

 壁に革を固定した板を立てかけ、板に対して平行に撮影する。

 

4. 写真をプリントアウトする。

 デジタイザーで採点しやすいよう、大きめにする。

 

5. デジタイザーに写真をセットする。写真は頭部を左側にする。

 

6. ソフトを起動して、画面の記入欄に、現物の縦横の長さを入力する。

 次に、写真のランドマーク間の距離を、デジタイザー上で採点する。

 写真の横寸法(左→右)、縦寸法(上→下)の順番で行う。

 採点の方法は、ランドマークの上でカーソルのボタンを押すという簡単なものである。

 

 写真のランドマーク間の長さが測定され、現物のランドマーク間の長さと、写真のランドマーク間の長さの倍率が計算される。

 倍率は、精度を考慮して縦横の平均値を使う。

7. 次に、写真の革の外郭線上を採点する。

 画面の指示に従い、1点目採点後、カーソルで”SZ”(面積)を選択。

 そのまま外郭線上を右回りに1cm刻みに採点する。

 カーブ部分は細かめに。

 1周終わる手前の1打をカーソル3ボタンで打つ。すると1点目と結合する。

 SZを解除する。

 

8. 革にキズや使えない部分がある場合、

 その部分を全体の面積からはぶくことができる。

 外輪郭を採点する方法と同じで、採点を右回りではなく左回りで順次行えば、全体からマイナスされる。

 応用で、1.44DS(120*120mm)になる正方形をマイナス採点してみる。

 作業終了。カーソルEN選択する。

 

9. 採点した写真の面積が測定さるとともに、それに前述の倍率の二乗がかけられ、実際の革の面積が計算される。

 

・採点した写真の面積    = 3.23DS

・採点した写真のマイナス面積= 0.2142DS

 

・実際の革面積        = 22.18DS

・実際の革面積-マイナス面積 =20.71DS

【結果】

 革の裏の表記は、今回測定した実際の革面積とほぼ一緒で、それほどの差はありませんでした。

 ソフトの精度は小数点二位まで出るということで、実際の業務上充分であると思います。

 このソフトは、面積の表示のない、くず革の測定や型紙パーツの測定などにも利用できます。歩留りの把握にも役立ちます。

 

【感想】

 精度をみるためのマイナス採点が.0.03の差がでたため、操作に問題があったと思われます。

 操作に慣れれば誰でもきちんとした数値をだせると思います。

 

 材料の量を把握することは、もの作りをする上で必要なことです。

 業者にだす手間もなく、スピーディにそれができることはその後の作業も円滑になると思います。

 次はパーツの型紙外輪郭を計って、一足どのくらいの分量が必要かを調べてみたいです。

 

文章:鈴木

News

■部品「先芯についての考察 」2016/01/14追加しました。

 

■2016/01/07記事追加しました。

・所感、雑文「製靴技術は、靴有史以来の感覚的靴技術から発展していない