【靴を店頭で選ぶときの見どころ】

“大は小を兼ねない~一番いいところでじんわり足をとめることが大事~”

 

 足と靴(靴型)とが合っているかどうかを見るには、本当ならば、「底面、甲囲、踵囲、(靴型定位置にしたときの)側面から見たかかとの高さ、傾斜、反り、足型と靴型の合成図(両者の形の変化)」などを、それぞれについて詳しく見ていく必要がある(かがみ式)。

 しかし、その内容は靴設計技術者がチェックするべき項目であり、分量が多く複雑である。店頭で靴を選ぶときに、それらをすべて確認することはできない。実際に、一般消費者サイドで検査できる項目というのは、だいたい以下のようなことになるだろう。

 

1.まず、ひもやベルトはきちんと締めて靴を履き、軽くトントンかもじもじして、足を靴の先頭まで押し込む。

 その時に、靴の形と足のつま先の形が合っていることを確認する。全体に周りからじわっとしまって足を留めていることが重要で、指の周りに余裕があり過ぎたり、どこか一カ所に圧力が集中してはいけない。

 

2.その時に、かかとの後ろがどのくらい空いているかを見る。履く本人の小指一本くらいの空きがあるのがよい。隙間が全然ないと靴ずれ、隙間がありすぎると足が靴の中で動きマメができる。

 

3.次に、親指と小指の付け根の骨のふくらみの位置が、靴と足とで合っているかを見る。これは、見た目でなく、よく踏付けができるかどうかが大切である。

 横のふくらみはちょっとずれても、革はなじむ。問題は、体重のかかる下の面(裏底)である。親指の付け根の骨の下と、小指の付け根の骨の下で体重を支えるが、その部分が合っていて踏みつけた時に足が落ち着くことが大切である。

 また、踏みつけて前へ滑るような感覚があるのはよくない。踏付けのすぐ後ろの踏まず部分に空間があると、歩いているときに足は後ろへ動き、かかとに靴擦れがおきる。

 

4.ここまでチェックしたら、次は足を左右にぐにぐにと、その場で動かしてみる。外には動くけれど内側には動かないという場合には靴と足の「角度」があっていないということになる。その角度はとても重要である。ここでは、左右に動かしたときにどちらも同じ圧力を持っていればその角度が合っているということにする。

 

5.次に、蹴りだすように踏み返してみる。そのときに、甲革に斜めのしわが出るものはよくない。これは、靴がまっすぐで足が斜めに入っているときに起こる現象である。靴と足で同じ角度を持っていれば、変なしわはできない。

 

6.次に、かかと側にぐいっと合わせて履いてみる。かかとから踏付け部分までの距離が合わず、足よりも靴の方が長い場合には靴のトップラインの脇が開く(脇が開く原因はそれ以外にもいくつもあるがここでは省く)。

 

7.ここまでチェックできたら、歩いてみる。その時に歩きやすいかどうか。坂を下りて、上がる。斜めのところを道路の端を歩くのに見立てて歩く。ハイヒールでは、特に下ってみたときに危険を感じる靴はやめた方がよい。かかとのサイドの締めが悪いものはかかとが靴の中で左右に動いて不安定になる。適正な締め具合が必要である。靴の場合には、大は小を兼ねない。

 

 ここまで、靴全般のチェック項目だが、パンプスの場合はさらに厳密になる。

 パンプスは、かかと幅が重要である。特にヒールの高いものでは重要で、しっかりとヒールの重心の上に体重が乗らなければならない。そうでなければ、安定が悪く滑るころぶ、ヒールはとれるなどの原因になる。かかとのサイドはしっかりと締める必要がある。このかかとの幅は個人差が大きく、既成靴で合うことは難しい。

 また、ヒールの低い靴でかかとがパカパカとなるのは、かかとのカーブの倒れ具合が合っていない場合に起こる(かかと囲)。

 他にも、かかとが乗る部分の傾斜も重要である。傾斜がきついと前へ滑ってしまう。

 

 以上、店頭で靴を選ぶときに検査する項目を見てきた。しかしながら既成靴では、すべての項目が合うということはほとんどない。しかし、少なくとも4項目くらいは合わせるようにするとよいだろう。

 (かがみ式の方法で足を計測し、靴を設計すれば、きちっと足に合った靴を作ることは可能である。そのことも知ってもらいたい。)

 

 将来、店頭で消費者が靴選びの目的で足を計測するときには、靴の方にも、それに対応する数値的情報(足長と足囲だけでなく、どのような数値と角度を持った靴型で作ったものかという情報)が表示されるようになることを期待する。それらを互いに照合すれば、一般消費者と販売者の双方が納得できる靴選びができるようになるだろう。

 

(2013.2.12 質問者:平林)

News

■部品「先芯についての考察 」2016/01/14追加しました。

 

■2016/01/07記事追加しました。

・所感、雑文「製靴技術は、靴有史以来の感覚的靴技術から発展していない