部品

アッパー

 甲革、靴の上部、靴部品の代表的なものである。

 

 足が靴の底部から遊離しないよう、たえず定着させておくと共に、前進する足の力をただちに靴底に伝える役割を持つ。また外部からの衝撃から足を保護する役割もある。同時に、そのデザインはファッション的にも重要なウエイトを占めている。

 

 アッパーの形状には、ブーツ、単靴、サンダルなどあるが、目的は足裏に靴底を離れずに付けておくことである。

 足を保護する目的のもので、安全靴、防寒などがある。

 また、足を覆うその圧力、密着具合によって、足の機能を高めることもできる。(脚半のような効果)

 アッパーの外観は、デザインとの関係が深く、個人の要望に対し最も重視される役割である。

 アッパーの材料、仕立て、デザインは履き良さを大きく左右する。

 

 良いアッパーの条件。

 アッパーの型紙は、靴型表面を基にして設計される。足に合った良いアッパーを作るためには、良い靴型が前提条件となる。

 

 ところで、アッパーは最小の力で歩行が出来るように、足によく密着していることが必要であり、しかも足を強く圧迫しないように、柔軟性と伸縮性を備えていることが望ましい。特に既製靴の場合は、どの足にも完全にフィットさせることは不可能であり、天然皮革など柔らかい材料が選ばれる。

 

 底部に足を定着させるためには、デザインも大きな要素を占めるの。機能性のよいデザインにはおのずと規定がある。例えば、バンドで靴から離れようとする足を止めるのに、バンド方向が直角でなければ、バンドが逃げて故障を起こしやすい。

 

 作りに関しては、アッパーは表革だけのものもあるが、型崩れを防ぐため裏革で補強されたものが多い。裏革は直接足に当るため、材質は足当りがよく、湿気を吸い、適切な密着性があること、また、色落ちしないこと、裏革の段差がないことなどが良い条件である。

 

 以上、のようなことが役割である。

 

 設計&工作。

 アッパーは、靴型表面に絶対に合うことが条件である。

 そのためには、型紙作成方法が正確で確実であること、縫製作業が正確で確実であること、などが大切なことである。

 アッパーの重要性と工作上の諸問題については、山積した内容がある。デザインの考案、各種型紙作成技術から縫製まで、多種に区分され複雑な状態にある。特に型紙作成技術には矛盾が多く、この説明は専門編ですることにして、ここでは省略する。

 

(この文章は、各務房男が執筆した論文を、 編集スタッフが許可を得て、要約、加筆修正したものです)

 

<引用文献>

各務房男,「かがみ式 靴部品の設計と工作」,第2版1頁.

News

■部品「先芯についての考察 」2016/01/14追加しました。

 

■2016/01/07記事追加しました。

・所感、雑文「製靴技術は、靴有史以来の感覚的靴技術から発展していない