部品

中底

 中底は靴の土台(背骨)とも言われているものである。靴の中央部にあること、中底に他部品が取り付けられることが、いわれの原因であろう。

 組立て工程の始めにあり、正確なものを使いたい(しかし、中底を使用しない靴もある)。

 

 中底といっても、重要度には差があり、特に複式縫い製法での中底の優劣は大きく響く。簡単なセメント製法の靴であっても、中底の重要性は変わりない。

 

 中底の上には足の裏がくるので、その対比、感触も問われるものである。また、歩行により靴が屈曲する状態を良い形に保つ機能が要求される。

 

 中底の形状は靴型底面によって設計される。従って、足に合う良い中底を作るには当然に良い靴型が必要である。機能的な型としては靴型底面に吸い付くように一分のスキもなく密着していることが大切である。

 

 靴型底面の外郭線は、中底の外郭線となる。しかし、中底の内踏まず部分は、靴型底面内踏まず線と同型とは限らない。靴型内踏まず側上方からの延長線に沿った中底の、面積との関係も合わせて見るものであり、凸状に出た中底内踏まず線もある。靴型線とは関係なく中底自体で定めるものである。(内踏まず部分を足に合わせ、強度を保ち型崩れの無いようにする構造の一種である)

 

 中底の外郭線の大きさ。

 トウラスターなど機械釣り込みの時は、アッパー材が中底外郭線部に引っかかり、中底を内部に押し込むことのないように、中底外郭線は靴型底外郭線より、若干小さくすることもある。引っかかる条件により小さくする分量は部分により異なる。

 

 基本的には靴型底外郭線と中底外郭線は同型であるが、手製靴のように、中底材が革である場合は、釣り込み時の調整打によって中底が靴型外郭線と同型になるように、この場合は若干大きくしておくこともある。

 

 材料の質と釣り込み方法によって異なることであるが、完成型は靴型側面からの延長線上にあり、角部は鮮明に出すことが普通である。

 

 中底外郭線上の面取り。

 靴型側面からの延長線を綺麗に出すには、中底上面角部を切り取る(面取り)。

 靴型側面からの延長線上と、中底材の厚さにより面取りの角度が異なる。

 材料が厚く柔らかい場合は、鈍角に取り、釣り込み調整打で綺麗な延長線となることを目標にする。

 中底材の薄いものでは面取りをなしとすることもある。

 中底面取り、断面部分には糊を付けないように注意する、アッパー材を引っ掛けやすくなる。

 靴型側面線は部分により異なるため、中底の面取り角度も正しくは、部位により定めることになる。しかし、一般量産製品では一定の角度で面取りが行われている(手製靴の綺麗な仕上がりの、違いもこの辺にある)。

 

 中底材、外郭線裁断型の用語。

材直断 材表面に対して直角になる、材を裁断する基本条件。

地直断 靴型定位置としたときに対応して、地面から直角であるように裁断する。

延長断 靴型側面から下行した延長線に裁断する(靴の完成型)。

中間断 地直断(90度)と延長断角度との中間角度で裁断する(調整打を考慮したもの)。

角度断 材表面からの指定角度で裁断する(特種な例)。

 

 上記説明は、セメンテット製法や単純な中底であるが、手製靴、各種の製法によっては、面取りは様々である(専門編を参照のこと)。

 

 中底面の釣り込みアッパー材が接着される面に凹凸があってはならない。セメント製法など、銀擦り、起毛を行うものであるが、釣り込んだアッパー材の起毛面に凹凸があると、凸部の線が崩れてくる。凹凸は直して使うことが望ましい。

 

 中底の材料、材質について。

 昔はほとんどが革であったが、今日では多種なものがある。

 機能的には、歩行の屈曲に耐えられること、水にも強く通気性が良く乾きの良いこと。また重量は軽い方が良いと思われる。さらに、細工がしやすく堅牢であり、型崩れのないのが良い。

 優美的には中底は通常見えない所にあり、消費者からの指摘は少ない。

 経済的には廉価程良いが、見えない部分であると言って、重要な役割をもつ中底を価格だけで見てはならない。

 

 中底を工程上から見ると、爪先、踏付け、踏まず、踵の各部に分けて考えられる。

  爪先部は地面を蹴り出す時の圧力を考えると一定の強さが必要である。

  踏付け部は歩行による繰り返しの屈曲に耐え、柔軟性が要求される。折れ曲がるのではなく、歩行時の足の姿勢にマッチした形状にカーブすることが望ましい。 

 踏まず部は足の姿勢を保つ堅牢さが必要である。

 ふつう物を折り曲げると、中央部分、体積の少ない部分が折り曲がる。この条件は靴にすると踏まず部分に当るが、この部分が曲がれば、足のカーブと異なってしまう。この矛盾を解消するのが、踏まず部分に内蔵されたシャンクの役割である。

 

 踵部分はヒールを取リ付ける土台であり、頑丈に固定した状態でなくてはならない。

 

 手製靴では一枚続きの革中底もあるが、一般には、中底全体を通した本体材に、ファイバー、シャンクを付けた構造のものが多い。

 

 中底の性能を考慮するとき、材質の選定、付属部分の当て位置、(斜線角度を含め)強度の設定が大切である。

 かがみ式 中底屈曲検査具は、中底を斜線状に固定して、一定の重量を爪先部にぶら下げるものである。そのときの、中底のカーブの状態を、足の歩行時のカーブと連想して見る。その後、加重した負荷を外すと、材の復元性の推測も可能である。各種の中底を並べて実施して見ると興味深いものがある。

 

 手製靴における底付けの第一は、中底作りにある。中底が満足でなければ、良い靴にはならない。中底は靴の背骨であると言われる由縁であり、中底作りは最も丁寧に行うべき作業である。

 

 

(この文章は、各務房男が執筆した論文を、 編集スタッフが許可を得て、要約、加筆修正したものです)

 

<引用文献>

各務房男,「かがみ式 靴部品の設計と工作」,第2版1頁. 

News

■部品「先芯についての考察 」2016/01/14追加しました。

 

■2016/01/07記事追加しました。

・所感、雑文「製靴技術は、靴有史以来の感覚的靴技術から発展していない