部品

月型(カウンター)

 月型の役割。

 ヒールを通じて踵(かかと)の力が地面に伝わるようにしておくためには、足踵部分はいつでも中底踵面より外にずれないことが必要である。つまり、中底の真上に足があるための囲い塀の役割が月型である。月型があるために若干の足に合わない靴でも履くことができるようになる。

 

 特にヒールが高くなると、合わなくなる率も高くなるし、中底から外にずれやすくなる。従って、ヒールの高いものほど、月型も大きく丈夫にしてある。これで、踵の力が靴から地面に達して、バランスがとれ、歩行しやすくなる。

 

 月型の上辺部は足踵部を左右から押さえ、靴踵部のスッポ抜けの防止にもなっている。

 また靴踵部の形状と大きさを一定に保ち、型崩れを防ぎ美形を作ると共に、外部からの衝撃から足を保護している。副次的には中底の強化になりヒール止めの補佐にもなっている。

 

 ところで月型のない靴もある。そのような靴は、当然に月型の役割はなく、足裏と靴底が合わない場合や、ヒールの高い靴では、問題を起こしやすくなる。

 また、月型のある靴でも、足に合わない月型では足を痛め、悪い結果になる。

 

 月型も中底と同様に靴型表面から密着した状態に作られる。靴型との密着性が悪ければそれで不合格である。また、月型と足との相性が悪ければ、それは靴型と足が合わないことになる。

 中底、月型、ともに足に合っていてこそ役割を果たすものであり、その基の靴型こそ重要なものである。

 

 月型の形状と作り。

 月型の面積は通常、靴の外側より内側の方が大きい(長い)。またヒールの高いものの方が低いものより月型は大きい。厚みは、外側より内側を若干厚く丈夫にする(内側の面積が大きい分と、内側の方が崩れ易い分)。中央部分より順次薄くするが山型が外圧に強く台型は弱い。形は、内外で肩線形が異なり、内側を角型に外側を丸型にする。

 

 月型の材質。

 昔は革が多かったが、今では、いろいろなものが使われている。溶剤タイプ、熱処理タイプ、従来のように糊を使うものがある。平板タイプと、あらかじめ立体になったモールドされたタイプもある。モールドタイプは靴型との合致性が大切で、少しでも合わないものは使いたくない。また使用自体も難しく、注意が必要である。機能的の性能を考慮すると共に、使いやすさが重要な見所である。

 

 月型自体は見えないが、靴の外観を表現するものである。

 実使用については、説明は専門編ですることにして、ここでは省略する。

 

 

(この文章は、各務房男が執筆した論文を、 編集スタッフが許可を得て、要約、加筆修正したものです)

 

<引用文献>

各務房男,「かがみ式 靴部品の設計と工作」,第2版1頁.

 

News

■部品「先芯についての考察 」2016/01/14追加しました。

 

■2016/01/07記事追加しました。

・所感、雑文「製靴技術は、靴有史以来の感覚的靴技術から発展していない